よくあるトラブル

トラブル

 ちょっとした不注意で起こりうるトラブルや、環境、季節で増加するトラブル、日頃から気を付けておきたいポイントなどをご紹介します。
 簡単に解決できるトラブルもありますが、全く知識が無い方がうっかり触ってしまうと、症状がより悪化してしまう場合もございますので、「難しそうだな」と感じる内容のトラブルについては安易に触らず、そのままの状態でご連絡ください。




パソコンが起動しない(ファンの音やランプの点灯は確認できる)

原因がハードウェア的要因の場合


 まずはコンセントや各ケーブル類がしっかりと刺さっていることを確認してください。コンセントなどが適切に刺さっていても起動しない場合は、CPUやHDD、メモリ、マザーボードなどの部品が故障している可能性があります。

解決には故障箇所の断定と、故障部品の交換が必要になります。



原因がソフトウェア的要因の場合


 何かしらの影響でシステム的にダメージを受けた可能性があります。セーフモードでの起動や、システムの復元で解決する場合もありますが、最悪の場合OSリカバリ(初期化)が必要になる場合もあります。



ページトップへ





電源が入らない(電源ボタンを押してもうんともすんとも言わない)

電源系トラブルが原因の場合


 そもそも全く電源が入らない、ファンの風切り音や各種ランプの点灯すら確認できないという症状の場合、真っ先に考えられるのは、電源ユニット“そのもの”の故障です。

解決には正確な故障箇所の特定(電源ユニットだけではなく、マザーボードの電源周りに原因がある可能性や、その他のパーツが故障している可能性もあります。)が必要です。

 また、電源ユニットの故障が原因であった場合、電源ユニットは他のパーツを巻き添えにしながら故障することも多々ありますので、安易に電源ボタンを連打しないといったことも重要です。



コンセントやケーブルの刺し方が原因の場合


 もちろんコンセントや各種ケーブル、コネクタが抜けかかっている等のケアレスミスが原因の場合もありますが、意外と落とし穴になりがちなのが電源タップの容量不足です。タコ足配線や、延長コードに複数の大出力機器をつないでいる場合に発生します。

 ご使用の電源タップの許容範囲をご確認ください。



ページトップへ





エラーメッセージが表示され、起動に失敗してしまう

 起動の途中で何かしらのエラーメッセージや警告が表示され、起動に失敗する場合、データの読み出しに失敗している状態が考えられます。


原因がハードウェア的要因の場合


 データの読み書きに関わる全ての部品に故障の可能性があります。HDDやメモリ、データ用のケーブル、稀にマザーボード、電源ユニットなどの故障が考えられます。

 解決には正確な故障箇所の特定と故障部品の交換が必要になります。




原因がソフトウェア的要因の場合


 以前のシャットダウンが正常に終了しなかった場合や、システムの更新に失敗している場合、ウイルスなどに感染している場合もエラーメッセージが表示され起動に失敗することがあります。

 セーフモードでの起動や、システムの復元で解決する場合もありますが、最悪の場合OSリカバリ(初期化)が必要になる場合もあります。



ページトップへ





急に電源が切れる

 パソコンの使用中にいきなり電源が切れてしまうという症状が出た場合は、ハードウェアの故障、ソフトウェアのエラーの両方の原因が考えられます。


原因がハードウェア的要因の場合


 全ての部品に故障の可能性があります。

 解決には正確な故障箇所の特定と故障部品の交換が必要になります。




原因がソフトウェア的要因の場合


 ドライバの干渉やソフトウェアの競合が発生している可能性があります。また、ウイルスに感染した場合も同様の症状が発生する可能性があります。

 セーフモードでの起動や、システムの復元で解決する場合もありますが、最悪の場合OSリカバリ(初期化)が必要になる場合もあります。




真っ青な背景に白文字の英文が表示された画面(ブルースクリーンエラー)が出る場合


 ブルースクリーンエラーは、Windows OSの環境下において、OSに何らかの異常が発生し、深刻なダメージを負う可能性のある状態に陥った際に表示される、極めて重要度の高い警告メッセージです。メッセージ表示後、OSは必要な復帰処理状態に入ろうとしますが、その後の再起動に失敗することも多く、ハードウェア・ソフトウェアどちらが原因であっても最優先で解決すべき問題が発生していることを示します。

 解決には正確なエラー要因の特定が必要になります。



ページトップへ





パソコンがフリーズしてしまった

原因がハードウェア的要因の場合


 主にHDD、メモリ、稀にCPUやマザーボード、電源ユニットに故障の可能性があります。また、リソース不足の可能性もあります。

 高負荷が掛かった時に限りフリーズするのか、データの読み書き時にフリーズするのか、状況を問わずフリーズするのかで故障部品の特定ができる場合もあります。

 解決には正確な故障箇所の特定と故障部品の交換が必要になります。




原因がソフトウェア的要因の場合


 ドライバの干渉やソフトウェアの競合などの、何かしらのシステムエラーが発生している可能性があります。また、ウイルスに感染した場合も同様の症状が発生する可能性があります。

 セーフモードでの起動や、システムの復元で解決する場合もありますが、フリーズが頻発する場合、根本的な解決にはOSリカバリ(初期化)が必要になる場合もあります。



ページトップへ





画面が映らない(暗い)

 主にノートパソコンで多いトラブルです。液晶バックライト、インバータなどが故障している可能性があります。

 外部出力端子が搭載されていれば、別なモニタ等に表示先を変更し原因の特定ができます。



ページトップへ





インターネットにつながらない

 最も多くの原因が考えられるトラブルの一つです。


パソコン側のハードウェア的要因が原因の場合


 マザーボード、LANカード、モデムカードなどの、ネットワークに関係する全ての部品に故障の可能性があります。

 解決には正確な故障箇所の特定と故障部品の交換が必要になります。



パソコン側のソフトウェア的要因が原因の場合


 パソコンのネットワーク設定が間違っている、または狂ってしまった可能性があります。また、ウイルスなどの影響でネットワーク設定が壊れる可能性もあります。

 解決には正確な問題箇所の特定と適切な再設定が必要になります。



ネットワーク側のハードウェア的要因が原因の場合


 ルータやモデム、回線装置、LANケーブルなどが故障している可能性があります。

 解決には正確な故障箇所の特定と故障部品の交換が必要になります。



ネットワーク側のソフトウェア的要因が原因の場合


 ルータやモデムの設定間違い、エラーの可能性があります。ルータやモデム類の再起動だけで解決する場合もあります。

 また、極稀に回線業者側のトラブルや料金未払いの可能性もありますのでご確認ください。



ページトップへ





パソコンの動作が重い

徐々に動作が重くなった場合


 パソコンは使用している間にシステム内に少しづつゴミやエラーを蓄積しています。長年使用しているパソコンで、一度もメンテナンスを行なっていないパソコンではよくあるトラブルの一つです。

 解決にはシステムのクリーンアップなどのメンテナンスが効果的です。



システム等の更新後から重く感じるようになった場合


 Windows Updateやご使用中のソフトウェアを更新した直後から急に動作が重く感じるようになった場合、主に2つの原因が考えられます。


 ・適用された更新にエラー(バグ)があった

   極めて稀ですが、更新にプログラム的なエラーやバグが含まれていることがあります。

   解決には更新の取消や復元が必要ですが、すぐに最更新のプログラムがリリースされることが多いです。


 ・新しいプログラムに対してのスペックが不足している

   より高性能なプログラムになり、要求性能が変化した可能性があります。

   特にゲームやグラフィック処理関係のプログラムは要注意です。

   解決にはメモリ搭載量の増量や、より高性能なパーツへの載せ替えが効果的です。



ある日突然動作が重くなった場合


 ある日突然動作が重くなり、特に原因に心当たりない場合は、パソコンがハードウェア的に故障した、または、ウイルスなどによるシステム破壊の可能性が考えられます。

 解決には正確な問題箇所の特定と適切な対応が必要になります。





ページトップへ





印刷ができない


パソコン側の設定が原因の場合


 特に多いのが、「プリンタードライバーの設定で“通常使うプリンタ”に設定されていない」という設定ミスです。

 [コントロールパネル]内の[プリンタ]の項目を開き、表示されているプリンターの一覧の中からお使いのプリンター名を右クリックし、[通常使うプリンタに設定]を選択してください。



プリンター本体の故障の場合


 プリンター本体が故障している場合、プリンターからエラー音がしたり、印刷が正常に行われない(動作音が少し聞こえ、停止する)など、「動くのに動かない」という症状が起こります。

 故障箇所によっては修理せずに買い替える方が安い場合があります。




ページトップへ





ウイルスに感染してしまった


ウイルスに感染した(感染の可能性が疑われる)場合の対処法


  • まず、ネットワークからパソコンを切り離します。LANケーブルを抜くなど、物理的にネットワークから隔離してください。以降、ウイルス感染の有無の確認やウイルスの駆除が完全に完了するまでインターネットには接続しないでください。


  • 続いてセキュリティソフトがインストールされているのであれば、フルスキャンを行いそのままウイルスの駆除を行います。

    セキュリティソフトがインストールされていない環境下では、ウイルス感染後のセキュリティソフトのインストールがウイルスにより阻害される可能性があります。また、ウイルスによりセキュリティソフトのウイルススキャン自体が行えない状況に陥ることもあります。



    ※最近、インターネットなどで「あなたのコンピュータはウイルスに感染しています」といったメッセージを表示し、偽のウイルス対策ソフトのホームページに誘導して、マルウェア感染を狙うという手口が増加しています。

    ホームページを見ている最中にウイルス対策ソフトのインストールを促された場合には、不用意にリンク先のホームページに接続したり、ソフトウェアをダウンロード/インストールしないようご注意ください。実際にはウイルス感染などしてない場合がほとんどで、誤ってクリック等をしてしまうことによりマルウェアに感染したり、偽物のウイルス対策ソフトをインストールすることになってしまいます。



    ページトップへ